豊中市・千里中央で歯並びのことでお悩みなら、れんしゃ矯正歯科へ

  • お問い合わせ
  • TEL:06-6170-9771

〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-2-3
ザ・千里レジデンス203(2Fメディカルモール内)

ご予約はお電話で:06-6170-9771

れんしゃ矯正歯科ブログ

豊中 れんしゃ矯正歯科スタッフブログ 「食事とお口の健康」

2017-07-15 07:44

 

本格的に暑くなってきましたが、今年の夏はスーパー猛暑と呼ばれるぐらいいつも以上に暑い夏になるみたいですが、、、

熱中症対策などは万全ですか?

ちなみにスーパー猛暑とは気温が37℃以上を超えることを言うようで、今年はスーパー猛暑日になる日が多くなるみたいです。

人の体温よりも暑い日が続くと考えただけでゾッとしますね。

そんな暑さだと食欲も落ちてしまいがちだと思いますが、しっかり食べて水分補給も充分して、今年のスーパー猛暑に立ち向かいましょう!!

 

ただ暑い日はどうしても水分ばかり多く摂ってしまいがちで、お腹が膨れてしまうこともよくありますよね。

夏バテにはエネルギー代謝に関わるビタミンB群を多く含む豚肉やナッツ類が効果的だそうですが、この季節ならウナギも定番ですね。

ウナギにはビタミン類だけでなくEPADHAも多く含んでいるため、コレステロールを抑えて血流を良くしてくれるという働きもあり、様々な健康効果が期待できます。

土用の丑の日にはウナギを食べる習慣があるので、今年はウナギを食べて暑い夏を乗り切りたいと思います。

 

 

 

夏バテ予防に効果のある食品も沢山ありますが、お口の健康にも良い食品があるのをご存知ですか?

簡単にですが、その食品をいくつかあげていきます。

 

☆柑橘類→みかんやオレンジなど

ビタミンCを多く含みます。ビタミンCが不足してしまうと歯茎の出血が起こることがあります。歯茎を健康な状態に保つのに欠かせないので柑橘類は適度に摂取したい食品です。

 

☆乳製品→牛乳やチーズなど

カルシウムを多く含み、歯を強くしてくれる効果があります。

 

☆魚類、きのこ類

ビタミンDを多く含み、乳製品と一緒に食べることでカルシウムを消化しやすくしてくれる働きがあります。

 

☆ニンジン、セロリ、カリフラワー、サラダなど

繊維質が多く含まれる野菜には、唾液の分泌を促してくれる働きがあります。この働きが虫歯から歯を守ってくれるミネラルを生成します。また、サラダは噛むときに歯の表面をキレイにしてくれる効果もあります。

 

このように歯に良い食品は身近なものが多いので、ぜひ普段の食生活に取り入れて見て下さい。また歯に良い食べ物は、体全体の健康維持にも繋がる食品ばかりです。

 

ただ食事に気を使う事もとても大切ですが、食後の歯磨きはきちんとして、お口の中も体も健康的に、この暑い夏を乗り越えましょう!!

 

豊中 れんしゃ矯正歯科スタッフブログ 「学校検診の項目のひとつになっている歯並びは、生活の質にも影響」

2017-07-14 21:15

新学期が始まると、学校で身体測定や視力検査などの健康診断が行われますね。

 

学校の健康診断の目的は、学校生活やこれからの発育に悪い影響を与える疾病がないか。また、周りの人に影響を与えるような感染症にかかっていないか。この2点を調べることにあります。

 

つまり、確定診断が目的ではなく、疾病が無いかふるいにかけ、健康状態を把握する役割を担っていると言えます。

 

学校検診の統計から、成長についての意外な結果が

 

今回、学校検診について調べていて初めて知りましたが、毎年、学校保健の統計結果が文部科学省のホームページで公表されています。

 

■身長と体重の変化

“身長・体重とも祖父母、親、子の世代順に増加。祖父母から親の世代の伸び率に比べて、親世代から子世代の伸び率は小幅。”

 

■身長

“男子, 女子ともに昭和23 年度以降伸び続けていたが、平成6年度~13年度頃にピークを迎え、その後は横ばい状態。”

 

などと細かく分析されていて、とても興味深いものです。

 

学校検診「歯」に関しての結果

 

では、歯についてはどうでしょうか?

 

■歯と口腔

“平成28 年度の「むし歯」の者の割合(処置完了者を含む)は、幼稚園約36% 、小学校49% 、中学校37% 、高等学校49% 。全学校段階で前年度より減少しており、中学校と高等学校は過去最低の数値。”

 

とあり、良い結果だったことが分かります。

 

健康のためにも大切な「歯並び」は学校検診でもチェックする

 

■歯科検診の目的、役割

“疾病発見のためのふるいわけではなく、“健康増進のためのふるいわけが目的。

歯列咬合や顎関節については、食べ物を取り込み食べる機能や、表情をつくり話す機能、体のバランスをとる機能に直接関わっており、生活の質に関係するため、その重要性を共有する。”

 

わたしが小学生の時は、学校歯科検診で「歯列・咬合」の項目はありませんでした。平成7年から開始されたそうです。

 

28年度の結果で歯列・咬合の項目でチェックが入った割合は、小学生で4.76%、中学生で5.37%、高校生で4.39%とされています。           

 

どうして歯並びが重要なのか?

 

歯並びというと、見た目だけの問題と捉えがちです。しかし歯科検診の目的・役割にも挙げられているように、『食べ物を取り込み、食べる機能』、『表情をつくり、話す機能』、『運動を支え、体のバランスをとる機能』に直接関わり、生活の質に大きく影響するものです。

 

れんしゃ矯正歯科では、矯正の相談を無料で行っています。口腔内のお写真を撮影し、歯並びで気になっているところや、矯正治療で不安に思うところなどをお聞きしながら、現在の状態や矯正治療、料金について詳しくお話しいたします。歯並びにお悩みの方、ぜひこの機会に矯正専門医での相談を受けてみませんか?


豊中れんしゃ矯正歯科スタッフブログ 「免疫力を保ち、健康を維持しよう」

2017-06-19 07:48

今回の「豊中れんしゃ矯正歯科スタッフブログ」は免疫ついてです。

健康維持に欠かせない免疫の働きとは?そして、免疫力を保つ方法とは?いくつかお話します。

 

免疫とは?

 

免疫とは、外敵から自らの体を守る人体の防御システムです。体は免疫の働きで、異物が体内に入らないようにし、また、もし入っても、すぐにやっつけられるよう準備をしています。

 

免疫は、皮膚の表面や肺、腸などの粘膜、血管、リンパ節などと連携して働きますが、どこかの器官が過敏になったり、弱ったりすると免疫システム全体がダメージを受けてしまいます。そのため、免疫システムはバランスよく機能することが大事です。

 

免疫力の低下で起こる不調

 

免疫力の低下は、さまざまな体の不調の原因になります。次のような不調が起これば、免疫力が弱まっているサインかもしれません!!

 

・のどが腫れやすくなり、風邪が長引く

免疫力が弱まると、のどは炎症を起こし、また、風邪ウイルスが体内に入りやすくなります。ウイルスを退治するのに時間もかかり、回復が遅くなってしまいます。

 

・疲れる、だるさを感じる

疲労回復するための栄養が不足し、だるさが続きます。

 

・お腹をこわす

食べ物に付いた病原体が、食道や胃などの粘膜できちんと殺菌されずに腸まで入ってしまい、炎症を起こし、お腹をこわしてしまいます。

 

・結膜炎、ものもらいがよくできる

免疫細胞が暴れて、目の粘膜が炎症し、結膜炎を引き起こします。

まぶたの粘膜の防御機能が弱くなり、細菌が付着してものもらいになります。

 

 

免疫力低下の原因

 

では、どのようなことが引きがねとなり、免疫力は低下してしまうのでしょうか。原因にはいろいろあります。

 

・睡眠不足

寝る時間が少なくなると、成長ホルモンが不足し、免疫力が下がります。

 

・ 冷え

免疫力は体温にも左右されます。37℃前後で最も活発に機能するため、低体温だと働きが弱まります。

 

・ 暴飲、暴食

暴威暴食は胃腸に負担をかけます。腸の疲れは、免疫システムの大敵です。

 

・ 肥満、生活習慣病

高脂血症や高血圧などの生活習慣病は血管を老化させ、血液がドロドロに。血流が滞り細胞の新生がうまくいかなくなります。そうすると、免疫細胞もスムーズに移動ができなくなり、免疫力が低下します。

 

・ ストレス

ストレスを受け続けるとストレス抗体ホルモンが分泌されず、血管が収縮してしまうため細胞の機能が低下し、免疫力を大幅にダウンさせる原因となります。

 

もしかしたら…心当たりがありそうであれば、免疫力が落ちているかもしれません。

そんな時はこれらのことに気をつけて安静にし、健康を取り戻しましょう。

豊中れんしゃ矯正歯科スタッフブログ 「虫歯予防のための正しいキシリトール活用法」

2017-06-02 14:40

今や、あちこちで目にする「キシリトール」。一体どのような性質を持っているかご存知でしょうか?歯に良いとは言われますが、それ以上に詳しく知っている方は案外少ないのではないかと思います。そこで、今回の「豊中れんしゃ矯正歯科スタッフブログ」では、キシリトールの機能や正しい活用法についてお話しします。

 

キシリトールとは?

 

キシリトールは天然の甘味料です。レタスやカリフラワー、イチゴなどさまざまな食物に含まれるほか、体内でも生成されます。

 

キシリトールの最大の特徴は、砂糖に比べてカロリーが25%低いのにも関わらず、糖度が同じであること。そして、溶ける際に熱を吸収するため、スーッとした清涼感をもたらします。

 

キシリトールは何が良いの?

 

キシリトールに虫歯予防効果があることは、よく知られています。でも、甘いのに不思議ですよね。どうしてキシリトールには虫歯予防効果があるのでしょうか?理由は大きく分けて2つあります。

 

①虫歯の発生と進行を抑制する

 

キシリトールには、虫歯の原因菌の活動を弱める効果があるといわれます。これは甘味料の中では唯一です。また、歯垢を付きづらく、かつ剥がれやすくする効果もあります。

更に、歯の再石灰化を促進し、丈夫な歯に導いてくれます。

 

②唾液が虫歯を防ぐ

 

唾液の分泌をよくするのも、キシリトール(ガム)の優れた点です。噛むことで唾液が十分に分泌されるため、歯を溶解する口内の酸が中和されます。

 

キシリトールを摂れば虫歯にならないというわけではない

 

このように、虫歯予防の心強い味方であるキシリトール。ただし、キシリトールを摂れば虫歯にならないという訳ではないのでご注意を。

 

あくまで、日々の歯磨き、フッ素の使用、正しい食生活が虫歯予防の基本です。それらを行ったうえで、キシリトールを取り入れ、さらに虫歯予防の効果を高めることが、キシリトールの有効な活用方法なのです。

 

そんなキシリトールを日常的に活用するには、キシリトール100%のガムが手軽でオススメです!100%のものは市販されていないので、歯科医院でご購入ください。当院でも取り扱っておりますので、スタッフまでお気軽にお尋ねくださいね。

 

れんしゃ矯正歯科改修工事の模様

 

ところで豊中にある、れんしゃ矯正歯科では、GW中に大工事を行いました。工事前はチェアー(患者さまを診る椅子)3台で診療しておりましたが、この度1台増え、4台になりました。


張り巡らされたブルーシートの海‥‥これから大工事が始まります。


床も総張り替え。さよならこれまでの床!


床復活!チェアーも4台に!



こちらがNEWチェアー。やはり美しい!

これまでに比べますと診療を行うスペースがやや手狭になり、患者様にもご迷惑をお掛けすることがあるかもしれませんが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

豊中の矯正歯科コラム 八重歯の矯正歯科治療はこうして行われます

2017-05-22 15:29

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。れんしゃ矯正歯科院長の蓮舎です。今回は、八重歯の矯正を当院でどのように行っているのか、症例を交えながらご説明したいと思います。

 

八重歯になってしまう理由

 

悪い歯並びの代表各である八重歯ですが、そもそもどうして起こるのでしょうか。

 

まず、八重歯とは、犬歯(前から左右3番目の歯)が前方に突出して生えている状態を言い、歯が並ぶためのスペースが不足することで起こります。でも、どうして犬歯が外側にはみ出してしまうのか。それには、生え替わりの順番が大きく影響しています。

 

上の歯の生えかわりの順番をご存知でしょうか?6歳臼歯(6番目の奥歯)が出たあと、1番目と2番目の前歯が生えかわることはよく知られていますね。そのあとは、前から3番目(犬歯)→4番目(第一小臼歯)→5(第二小臼歯)の順に生えかわると誤解されがちなのですが、一般的な順番は、6→1→2→4→5→3。つまり、犬歯は最後に生え替わるのですね。そのため、もし永久歯が大きすぎたり、歯の並びが小さすぎたりする場合、スペースが足りなくなって最後に生え替わる歯である犬歯が、外側にはみ出すのです。

 

※下の歯は6→1→2→3→4→5の順が一般的なので、5番目がはみ出してしまうことがあります。このお話はまた別の機会に。

 


正常な歯の生えかわりを動画で表しています。



八重歯は片側だけに起こることも

 

次の写真をご覧ください。ペースが極端に足りないと、上の写真のように左右両方の犬歯がはみ出します。一方、下の写真は片方だけはみ出しているケースです。



 写真からもお分かりいただけると思いますが、片方だけが八重歯になると、歯列が八重歯になってしまった側に偏ってしまい、上下前歯の正中(中心ライン)が合いません。

  

 

治療の進め方

 

スペースが足りない患者さまの矯正歯科治療では、歯を並べるためのスペースの確保が必要です。

しかし、抜歯矯正治療をすることが決まると、「さっそく抜歯の予約をとりました!」なんて言われることがありますが、ちょっと待って下さい。永久歯を抜歯してスペースを確保する場合には、どの歯を抜歯するかだけでなく、抜歯するタイミングも大事であるため、慎重に進めなくてはいけません。

 

今回紹介するケースは左上(写真だと右側になります)が八重歯なので、上前歯が左側に偏り、上下前歯の正中がずれています。歯並びを治すために、犬歯の1つ奥の歯(4番目)を抜歯することになりますが、左右同時ではなく、場合によっては抜歯のタイミングをずらすことがあり、この症例では先に右上の4番目のみを抜歯しました。そしてそのあと、上下の正中を合わせてから左上4番目も抜歯し、歯並びを左右対称に整えました。


矯正歯科治療が完了。上下の歯が山と谷で噛み合っていなかった奥歯もしっかり合わせることができていますね。

 

次の記事 >>