豊中市・千里中央で歯並びのことでお悩みなら、れんしゃ矯正歯科へ

  • お問い合わせ
  • TEL:06-6170-9771

〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-2-3
ザ・千里レジデンス203(2Fメディカルモール内)

ご予約はお電話で:06-6170-9771

れんしゃ矯正歯科ブログ

豊中 れんしゃ矯正歯科スタッフブログ「セミナーに行ってきました」

2019-10-30 20:51

こんにちは、歯科衛生士の境です。

だんだんと肌寒い季節になってきました。

寒いのはなかなか辛いですが、一つ楽しみなことがあります。

牡蠣が美味しい季節です。

好きな食べ物ベスト3にランクインするくらい私は牡蠣が大好物です。

この前のお休みに、和歌山におでかけし牡蠣を食べてきました。

海が近いので、身も大きく味も濃厚でとても美味しかったです。

これから寒い間は色んな牡蠣のお料理を楽しみたいと思います。

 

さて、ここからが本題なのですが、

先日「薬用ハイドロキシアパタイト活用セミナー」に参加させていただきました。

私自身こういったセミナーに参加させていただくのは初めてだったので、とても楽しみにしていました。

実際参加してみると、すごく学びのあるセミナーでとてもいい刺激になりました。

ハイドロキシアパタイトとは、人体の構成成分の一つで歯の主成分です。

薬用ハイドロキシアパタイトについては前々回のブログにまとめてありますので、そちらも読んでみてください。

これを含んだ歯磨剤、研摩材を当院でも取り扱っており、セミナーの主な内容は、その効果的な使い方だったのですが、みなさま自身が行うご自宅でのより効果的な歯磨き方法についての内容もあったので、一つご紹介させていただきたいと思います。

 

普段歯磨きをする時、歯磨き粉はどのぐらいの量を使っていますか?

歯ブラシに半分ぐらいですか?先にちょこっとつけるぐらいですか?

一番効果的な量は歯ブラシの毛の部分、端から端までです。

結構たっぷりですよね。

 

次に磨き方です。

はじめにいつも通りに磨きます。

十分に磨き終わったら泡や唾だけ吐き出します。

それからもう一度歯ブラシに同量の歯磨き粉をつけて先ほどと同じように磨きます。

最後のうがいですが、少量のお水でゆすいで下さい。

しっかりゆすぐよりは、軽く味が残る程度がオススメです。

これがオススメの歯磨き方法の「2回磨き」です。

 

1度目のブラッシングで汚れをしっかりと落とし、

2度目のブラッシングで歯磨き粉の成分をしっかり歯に染み込ませて栄養をあたえます。

髪を洗うのと同じように、1度目でシャンプーをして、2度目でトリートメントをするというイメージです。

 

この方法を私も実際にやってみましたが、磨き終わった後のツルツル感が違いました。

またしばらく歯磨きできない時に感じる口の粘つきも減少したような気がしました。

毎日、毎回はなかなか難しいかもしれませんが、私は夜の歯磨きの時はソファーなどに座ってゆっくり磨いていることが多いので、そのタイミングで取り入れてみました。

いつもの歯磨きをほんの少し変えるだけで、簡単にできるのでぜひ試してみて下さい。

歯のツルツル感が長く続きますよ。

 

豊中 れんしゃ矯正歯科スタッフブログ 「健康な歯で食欲の秋を楽しみましょう」

2019-10-15 13:18

こんにちは!

受付の大塚です。

 

段々と涼しくなり、秋も深まってまいりました。

 

秋といえば何を思い浮かべますか?

 

芸術、スポーツ、たくさんあると思いますが、私はやはり食欲の秋です!

 

先日、秋の味覚を求めて栗拾いに行って来ました。少しでも大きく美味しそうな栗を見つけようと大人気なく必死になってしまいましたが、その甲斐もあり、栗ご飯や蒸し栗など、思う存分楽しむ事ができました。


まだまだあるたくさんの秋の味覚たち。

美味しく楽しむ為には健康な歯でなくてはなりません。

 

歯科医院での定期検診やメンテナンスはもちろんの事、健康な状態を維持するには日々のセルフケアも大切です。

 

ですが、忙しい現代人です。毎食後の歯磨きに時間がとれないなんてこともあるかと思います。

そんな時は、せめて就寝前だけでも時間をかけて磨いてください。

就寝中は唾液の分泌量が減少し、磨き残しの歯垢があると細菌が増殖しやすく、虫歯や歯周病のリスクが高まるからです。

 

私も朝昼はさっと磨きになりがちなのですが、夜はフロスや歯間ブラシなどの清掃補助用具も使用し、その後しっかりとブラッシングをしています。

歯磨剤は色々な機能を持った成分が配合されているものを使い分けたりして楽しんでいます。

 

定期検診やメンテナンス、日々のセルフケアを忘れずに、食欲の秋を楽しみましょう。