豊中市・千里中央で歯並びのことでお悩みなら、れんしゃ矯正歯科へ

  • お問い合わせ
  • TEL:06-6170-9771

〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-2-3
ザ・千里レジデンス203(2Fメディカルモール内)

ご予約はお電話で:06-6170-9771

れんしゃ矯正歯科ブログ

豊中れんしゃ矯正歯科スタッフブログ 「免疫力を保ち、健康を維持しよう」

2017-06-19 07:48

今回の「豊中れんしゃ矯正歯科スタッフブログ」は免疫ついてです。

健康維持に欠かせない免疫の働きとは?そして、免疫力を保つ方法とは?いくつかお話します。

 

免疫とは?

 

免疫とは、外敵から自らの体を守る人体の防御システムです。体は免疫の働きで、異物が体内に入らないようにし、また、もし入っても、すぐにやっつけられるよう準備をしています。

 

免疫は、皮膚の表面や肺、腸などの粘膜、血管、リンパ節などと連携して働きますが、どこかの器官が過敏になったり、弱ったりすると免疫システム全体がダメージを受けてしまいます。そのため、免疫システムはバランスよく機能することが大事です。

 

免疫力の低下で起こる不調

 

免疫力の低下は、さまざまな体の不調の原因になります。次のような不調が起これば、免疫力が弱まっているサインかもしれません!!

 

・のどが腫れやすくなり、風邪が長引く

免疫力が弱まると、のどは炎症を起こし、また、風邪ウイルスが体内に入りやすくなります。ウイルスを退治するのに時間もかかり、回復が遅くなってしまいます。

 

・疲れる、だるさを感じる

疲労回復するための栄養が不足し、だるさが続きます。

 

・お腹をこわす

食べ物に付いた病原体が、食道や胃などの粘膜できちんと殺菌されずに腸まで入ってしまい、炎症を起こし、お腹をこわしてしまいます。

 

・結膜炎、ものもらいがよくできる

免疫細胞が暴れて、目の粘膜が炎症し、結膜炎を引き起こします。

まぶたの粘膜の防御機能が弱くなり、細菌が付着してものもらいになります。

 

 

免疫力低下の原因

 

では、どのようなことが引きがねとなり、免疫力は低下してしまうのでしょうか。原因にはいろいろあります。

 

・睡眠不足

寝る時間が少なくなると、成長ホルモンが不足し、免疫力が下がります。

 

・ 冷え

免疫力は体温にも左右されます。37℃前後で最も活発に機能するため、低体温だと働きが弱まります。

 

・ 暴飲、暴食

暴威暴食は胃腸に負担をかけます。腸の疲れは、免疫システムの大敵です。

 

・ 肥満、生活習慣病

高脂血症や高血圧などの生活習慣病は血管を老化させ、血液がドロドロに。血流が滞り細胞の新生がうまくいかなくなります。そうすると、免疫細胞もスムーズに移動ができなくなり、免疫力が低下します。

 

・ ストレス

ストレスを受け続けるとストレス抗体ホルモンが分泌されず、血管が収縮してしまうため細胞の機能が低下し、免疫力を大幅にダウンさせる原因となります。

 

もしかしたら…心当たりがありそうであれば、免疫力が落ちているかもしれません。

そんな時はこれらのことに気をつけて安静にし、健康を取り戻しましょう。

豊中れんしゃ矯正歯科スタッフブログ 「虫歯予防のための正しいキシリトール活用法」

2017-06-02 14:40

今や、あちこちで目にする「キシリトール」。一体どのような性質を持っているかご存知でしょうか?歯に良いとは言われますが、それ以上に詳しく知っている方は案外少ないのではないかと思います。そこで、今回の「豊中れんしゃ矯正歯科スタッフブログ」では、キシリトールの機能や正しい活用法についてお話しします。

 

キシリトールとは?

 

キシリトールは天然の甘味料です。レタスやカリフラワー、イチゴなどさまざまな食物に含まれるほか、体内でも生成されます。

 

キシリトールの最大の特徴は、砂糖に比べてカロリーが25%低いのにも関わらず、糖度が同じであること。そして、溶ける際に熱を吸収するため、スーッとした清涼感をもたらします。

 

キシリトールは何が良いの?

 

キシリトールに虫歯予防効果があることは、よく知られています。でも、甘いのに不思議ですよね。どうしてキシリトールには虫歯予防効果があるのでしょうか?理由は大きく分けて2つあります。

 

①虫歯の発生と進行を抑制する

 

キシリトールには、虫歯の原因菌の活動を弱める効果があるといわれます。これは甘味料の中では唯一です。また、歯垢を付きづらく、かつ剥がれやすくする効果もあります。

更に、歯の再石灰化を促進し、丈夫な歯に導いてくれます。

 

②唾液が虫歯を防ぐ

 

唾液の分泌をよくするのも、キシリトール(ガム)の優れた点です。噛むことで唾液が十分に分泌されるため、歯を溶解する口内の酸が中和されます。

 

キシリトールを摂れば虫歯にならないというわけではない

 

このように、虫歯予防の心強い味方であるキシリトール。ただし、キシリトールを摂れば虫歯にならないという訳ではないのでご注意を。

 

あくまで、日々の歯磨き、フッ素の使用、正しい食生活が虫歯予防の基本です。それらを行ったうえで、キシリトールを取り入れ、さらに虫歯予防の効果を高めることが、キシリトールの有効な活用方法なのです。

 

そんなキシリトールを日常的に活用するには、キシリトール100%のガムが手軽でオススメです!100%のものは市販されていないので、歯科医院でご購入ください。当院でも取り扱っておりますので、スタッフまでお気軽にお尋ねくださいね。

 

れんしゃ矯正歯科改修工事の模様

 

ところで豊中にある、れんしゃ矯正歯科では、GW中に大工事を行いました。工事前はチェアー(患者さまを診る椅子)3台で診療しておりましたが、この度1台増え、4台になりました。


張り巡らされたブルーシートの海‥‥これから大工事が始まります。


床も総張り替え。さよならこれまでの床!


床復活!チェアーも4台に!



こちらがNEWチェアー。やはり美しい!

これまでに比べますと診療を行うスペースがやや手狭になり、患者様にもご迷惑をお掛けすることがあるかもしれませんが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。