豊中市・千里中央で歯並びのことでお悩みなら、れんしゃ矯正歯科へ

  • お問い合わせ
  • TEL:06-6170-9771

〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-2-3
ザ・千里レジデンス203(2Fメディカルモール内)

ご予約はお電話で:06-6170-9771

れんしゃ矯正歯科ブログ

豊中れんしゃ矯正歯科ブログ 花粉シーズンの『口呼吸-こうこきゅう』にご注意

2017-03-31 12:25

れんしゃ矯正歯科スタッフブログ 花粉シーズンの『口呼吸』

こんにちは、まもなく新学期のシーズンですね。花粉症の私にとっては、鼻水・鼻詰まり・喉や目のかゆみなどの症状に悩まされるつらい季節の到来です。

“今シーズンも”、花粉飛散量は多いとのこと

日本気象協会の2017年春の花粉飛散予測によると…。大阪のスギ花粉のピーク予測は3月上旬から3月中旬だそうです。スギ花粉のピークが終わった後は、各地でヒノキ花粉がピークを迎えます。九州・四国・近畿・東海地方では高温・多照などの花芽が多く形成される気象条件がそろったため、多くの地域で花粉の飛散数は例年を上回り、前シーズンよりも非常に多いということです。

『花粉の飛散量は例年を上回ります』

このフレーズ、毎年聞いているような気がするのは私だけでしょうか…。

花粉症の患者さんは年々増加しているそう

花粉症患者数は増加の一途をたどっており、日本の花粉症総人口は2000万人以上、5人に1人は花粉症ともいわれ、今後も増加することが予想されています。また、花粉症は子供には少ないといわれていましたが、近年14歳以下の患者数が大きく増加し、花粉症発症の低年齢化もみられています。さらに、花粉症のような季節性のアレルギー性鼻炎だけでなく、季節に関係なく年中発症するアレルギー性の鼻炎(通年性アレルギー鼻炎)に悩まされる人も増加傾向にあるそうです。

花粉症と口呼吸

そこで気になるのが… 

鼻詰まりから始まる『口呼吸-こうこきゅう』です。口呼吸とは、漢字のとおり口で呼吸するという意味です。

鼻には大切な役目がある

鼻は匂いをかいだり呼吸したりする専用の器官で、鼻の粘膜や毛は空気中に含まれているちりや細菌をからめとる役割があります。しかし、口は鼻のように細かい毛や粘膜で空気中のちりや細菌をろ過する機能は持っていません。口での呼吸を続けると、花粉だけでなくウイルスや雑菌がダイレクトに喉などに届いてしまいます。

口呼吸は舌癖につながる要因に

それだけでなく、口呼吸をすることで安静時でも口をポカーンと開けるスタイルが常態化し、さらに舌の位置が下がってしまうことで口の周りの筋肉の不調和を起こすことから『舌癖』へとつながることも懸念されます。

正常なお口の中の状態は?

本来、安静時には…

 ①唇はリラックスした状態で閉じ、鼻で呼吸している

 ②舌はリラックスした状態で上あごに拳上している

 ③咀嚼・嚥下時以外は上下の歯は離れている

これが正しい状態です。

早めの花粉症対策を心がけ、口呼吸でお口ポカーンが常態化しないように気をつけましょう。


豊中の矯正歯科コラム 目立たない矯正で大人の出っ歯を治療

2017-03-23 14:37

大人の上顎前突(出っ歯)治療にもさまざまな方法がある

 

先月の豊中・千里中央矯正歯科ブログでは、成長期の上顎前突(出っ歯)治療について取り上げました。成長期ならマウスピースを装着するだけで、永久歯を抜歯することなく改善できることがあります。

 

成長期は骨格の成長を利用できるため、このような治療方法が成り立つのですが、大人になると当然成長は利用できなくなるので、大人の上顎前突治療は、成長期の上顎前突治療とはまた違ったアプローチが必要になります。

 

大人の上顎前突治療にも様々な方法があります。以前2016年8月のブログで、奥歯を後方動かし、出っ歯を改善する治療法をお話しましたが、この方法では、前歯を大きく後方へ移動することは難しく、今回紹介する症例には適しないため、別の方法で治療を進めていきます。

 

前突する口元を後退させた症例についてご説明

 

この症例では、上下左右の永久歯を4本抜歯しています。通常、前から4番目の永久歯(第一小臼歯、と言います)を上下左右抜歯するところ、患者さんと相談し、上は前から4番目を、下は前から5番目を抜歯することにしました。

 

理由は、レントゲン写真で、左下の前から5番目の歯は神経が取られていることがわかったからです。神経を取ってしまった歯でも、適切な治療を受けていれば問題なく使い続けられますが、どうせ抜いてしまうなら健康な4番目ではなく神経が無くなった5番目を抜きたいですよね。患者さんはもちろん、抜歯する歯科医師にとっても、その方が気持ちも楽です。


 

抜歯してできたスペースを利用して、全体的にがたつきをきれいに並べ、上下前歯を後退させます。


抜歯で生まれたスペースは隣り合う歯を移動させることで、最終的には完璧に閉じた状態になります。

 

目立たない矯正器具での治療

 

れんしゃ矯正歯科では前歯に金属製のブラケットを使っていませんが、ワイヤーは通常、金属製になります。この方の治療では、白いコーティングを施したワイヤー(ホワイトワイヤー)を使用しているので、ギラギラ感が少なくて目立ちません。

 

1年9か月で治療が完了

 

横顔のレントゲン写真がこちらです(上が術前、下が術後です)。出っ歯が改善し、口元がすっきりしたことがわかっていただけると思います。治療期間は19か月でした。

 

 

 

永久歯を抜歯するのかしないのか。抜歯する場合には、どの歯をどのタイミングで抜くのか…矯正歯科治療では抜歯について考えることが非常に重要で、常に頭を悩ませるところです。永久歯を抜くのが嫌で、矯正歯科治療に踏み出せないという方もいらっしゃるかと思いますが、抜くことで得られるメリットもたくさんあります。それに、もしかすると抜歯しなくても治せる場合もありますので、まずは矯正専門医院でのご相談をお勧めします。

豊中れんしゃ矯正歯科ブログ 矯正装置をつけた後の歯磨きのポイント

2017-03-21 08:12

こんにちは、豊中れんしゃ矯正歯科スタッフブログ第2回目です。

矯正歯科治療を始めるとムシ歯になるリスクが非常に高くなります。ムシ歯にならないようにするためにとっても大切なことがあるのですが、それはなんでしょう?……

矯正装置をつけたお口の中は虫歯リスクが高い

正解は、歯磨きです。お口に矯正装置が入ると、歯磨きが大変になります。また矯正装置はデコボコしたかたちをしているため、食べカスがとても付きやすくムシ歯になりやすくなります。矯正治療を続けている間、ムシ歯にならないように普段にもまして丁寧に歯磨きをするようにしましょう。

矯正装置をつけると、磨き残しやすい部位があります。今回のれんしゃ矯正歯科スタッフブログでは、矯正装置をつけた場合の歯磨きのポイントを、いくつかお伝えしたいと思います。

①  歯と歯ぐきの境目

虫歯を防ぐための歯磨きで、一番に気をつけてほしい箇所は「歯と歯ぐきの境目」です。歯と歯ぐきの境目のブラッシングでは、歯ブラシを斜めに押し当てて、横に振動させるように動かしましょう。つぎに歯ブラシを歯にまっすぐ当てて2・3本ずつ横に小さく動かしていきます。ポイントは、小刻み(1〜2ミリ幅)に歯ブラシを動かすことです!


②  ワイヤー真下の歯の面

矯正装置のワイヤー真下の歯の面は、歯ブラシだけでは磨き残しが発生しやすい部分です。この箇所の歯磨きでは、必ず歯間ブラシを使って磨くようにしましょう。

歯間ブラシをワイヤーの真下の歯面に毛先が当たるように挿入します。

装置の側面と歯面に沿わせ上下、左右に動かします。


③  隣接面

隣接面の歯磨きでは、歯ブラシではなくデンタルフロスを使うようにしましょう。

ゆっくり歯と歯の間に入れ、上下に動かし隣り合った歯の両面を磨くようにしましょう。


④  上の一番奥歯の矯正装置

一番奥歯の矯正装置は見えにくい部分にあるため、もっとも磨き残しが発生しやすい部位です。ワンタフトブラシで磨くようにしましょう。


 

いかがでしたか?参考になりましたか?矯正治療中のみなさん、よろしければこのブログを参考に、日々の歯みがきをガンバリましょう!!

豊中れんしゃ矯正歯科ブログ 歯のクリーニングとリナメルのご紹介

2017-03-13 20:47

一度ついてしまった歯石やステインは落ちにくい

こんにちは。豊中れんしゃ矯正歯科スタッフブログ第1回目です。

先日、恥ずかしながら約数年振りに歯のクリーニングを受けました。仕事柄、日々のブラッシングには気をつけているのですが一度付いてしまった歯石やステインは歯ブラシで落とすことは出来ません。定期的にプロフェッショナルケアを受けることの重要さを再確認しました。そして、深く反省しています。

歯の状態を美しく保つ「リナメル」

お口の中がスッキリ・キレイになると心もスッキリ晴れやかになります。良い気分転換になりますよ。

『クリーニング後のツルツルの状態を維持したい!』という思いから「リナメル」を使い始めました。リナメルは、薬用歯磨き剤です。歯の表面に出来た目に見えない細かい傷をナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトという成分が直接歯に作用し、修復してくれます。


歯面を滑らかにしステインや歯垢がつきにくくなる

歯面が滑らかになると、ステインや歯垢が付きにくくなります。更にミュータンス菌(虫歯菌)の活動を抑え、ミネラルの行き渡った丈夫な歯に導いてくれる効果もあると言われています。良いこと尽くしの歯磨き剤ですね!

「リナメル」を使ってみた感想

「リナメル」を使いはじめて、約1か月が経ちました。この歯磨き剤を使っていて一番実感しているのは、やはり「ツルツル感」です。今のところお口の中は、歯のクリーニングしてもらった後の状態を維持できていると思います。今後は定期的なクリーニング(歯の定期検診を受けるのがベストです!)と、リナメルでより健康的でキレイな歯を目指していきたいと思います。

当院では「リナメル」をお取り扱いしています

今回はリナメルについての説明を、簡単にさせていただきました。この歯磨き剤についての詳しい情報は、販売元のオーラルケアのホームページに記載があります。またリナメルは、れんしゃ矯正歯科でも取り扱っています。もしご興味がおありでしたら、私たち歯科衛生士や受付スタッフまでお気軽にお問合せください。