豊中市・千里中央で歯並びのことでお悩みなら、れんしゃ矯正歯科へ

  • お問い合わせ
  • TEL:06-6170-9771

〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-2-3
ザ・千里レジデンス203(2Fメディカルモール内)

ご予約はお電話で:06-6170-9771

れんしゃ矯正歯科ブログ

豊中・千里中央の矯正歯科コラム “交叉咬合”について。

2016-06-26 08:51

今回のコラムは、交叉咬合 ー奥歯の反対咬合ーです

豊中・千里中央の皆さま、こんにちは。れんしゃ矯正歯科の院長、蓮舎です。“良い噛み合わせの条件”はたくさんありますが、特に重要なのが、次の2つの条件です。

良いかみ合わせで特に重要な条件とは?

①がたつきや隙間のない上下歯列が、

②垂直的、水平的、前後的にしっかり噛み合っている、

ということ。

上下の並びにガタツキがあり、下前歯により上前歯が前突している

この症例では上下の並びががたついており、下前歯に対して上前歯が前突しているため、ガタガタで出っ歯の噛み合わせになっています。

もう一点、少し特殊な問題があります。

それは奥歯の水平的な噛み合わせです。

正しい噛み合わせでは上歯列が下歯列を覆っていますが、この症例では左右とも下奥歯が上奥歯の外側に噛み込んでいます。奥歯の噛み合わせが反対になったままでは、噛み合わせの機能だけでなく、顎関節症や歯周病のリスクも高まってしまいます。

 

この症例に対する治療

上歯列が狭すぎることが原因なので、上歯列の側方拡大を行うことにしました。拡大だけでは上前歯の前突を治せないので、上4番目を抜歯しています。大きな問題の無い下歯列では抜歯をしていません。上下の歯の本数が違っても大丈夫なのか?と心配になるかもしれませんが、上下奥歯の噛み合わせを一歯分ずらすことで、写真の様にしっかり噛み合わせることができます。矯正治療で広げた歯列は元に戻りやすいため、定期的に経過を診させて頂いています。



この症例の経過

写真は1年後ですが、大きな変化も無く良い噛み合わせを維持できています。



矯正治療では保定期間も必要

矯正治療では装置を使って歯を移動させる期間と、その後の状態を維持する期間(保定期間)も必要です。保定中はリテーナーという維持装置をご使用頂きますが、これがなかなか面倒くさく、ついついサボりがちになると、少しずつ歯並びが乱れてしまいます。気づいた時には再治療が必要になることもありますので、面倒だとは思いますがぜひご協力ください。

 

豊中・千里中央・箕面・吹田で歯列についてのお悩みや、ご相談されたいことがある方は、れんしゃ矯正歯科にお気軽にご連絡ください。

みなさま方の歯並びのお悩みに、真摯に対応させていただきます。

豊中・千里中央の矯正歯科コラム “埋伏”について。

2016-06-20 13:37

豊中・千里中央の方々に、歯の矯正についてお話しするコラム。今回は、“歯の埋伏”です。

ご存知ですか?歯の“埋伏“について

歯が正しい位置に生えずに、埋まったまま(埋伏)になってしまうことがあります。原因は様々ですが、最も埋伏しやすいのが上の犬歯です(親知らずを除く)。放置すると歯並びが悪くなるだけでなく、隣接する歯を溶かしてしまうこともあります。

歯の埋伏についてはこちら

 

埋伏の症例1 (豊中・千里中央の矯正歯科コラム)

この症例では左上3番目が2番目の斜め上に突き刺さっています。噛み合わせにとって非常に重要な犬歯はできる限り残したいので、引っ張り出すことになります。引っ張りやすい外側に埋まっていたのが不幸中の幸いです。

埋伏に対する歯の矯正治療1

引っ張り出す処置は少し痛々しいので写真は小さめにしましたが、激痛が続く様な処置ではありませんのでご安心下さい。

  

 

治療後の状態1 (豊中・千里中央の矯正歯科コラム)

歯が非常に大きくがたついた並びになっているため、上下左右4本の永久歯を抜歯しています。埋まっていた歯を引っ張り出すと周りの歯ぐきが痩せてしまうこともありますが、問題なくきれいな状態です。

 

埋伏の症例2 (豊中・千里中央の矯正歯科コラム)

 

こちらの症例では一番奥の12歳臼歯(7番目)がすでに生えているのに、上5番目の乳歯が残っています。レントゲン写真で確認すると右上5番目の永久歯が斜めに埋まっています。

埋伏に対する歯の矯正治療2

この症例では前歯の前突とがたついた歯並びを治療しました。通常、前歯の前突を改善するには前から4番目を抜歯しますが、埋まっている5番目を抜いて、前歯の前突やがたつきを治す方法もあります。ただしこの場合4番目を抜くよりも難易度は高くなりますし、なにより前歯を後退させるのが難しくなるので満足いく治療結果が得られにくくなります。そこでまずは埋まっている5番目を引っ張り出しました。

埋伏に対する歯の矯正治療2

5番目を正しい位置まで移動させてから、上下左右4番目を抜歯して、前歯のがたつきと前突を治療しています。

 

 

 

 

治療後の状態2 (豊中・千里中央の矯正歯科コラム)

前歯を適切な位置まで移動すれば、唇の形もきれいになります。

 

歯の埋伏に対する蓮舎の考え(豊中・千里中央の矯正歯科コラム)

この症例でも歯を抜かずに並べることは可能かもしれませんが、前歯の前後的な位置を改善することはできません。だれもが歯を抜きたいわけではありませんし、僕も誰に対しても抜歯が必要だと言っているわけではありません。機能的で美しい歯並びと口元を長く維持するためには抜歯せざるを得ないこともあるのです。この症例では奥に埋まっている親知らず(8番目)も、将来抜歯予定です。たくさんの歯を抜歯することになりますが、得られるものは計り知れないと考えています。

 

れんしゃ矯正歯科はいつでもご相談に乗ります

犬歯(3番目)や5番目以外にも埋まったままになってしまうことがあります。

乳歯が抜けたのに永久歯はなかなか出てこない、反対側の永久歯が出てこない、など生え変わりの遅れに気づいたら躊躇すること無くご相談下さい。

れんしゃ矯正歯科

豊中・千里中央の矯正歯科コラム“すきっ歯”について。

2016-06-13 10:08


豊中・千里中央の方々に、歯の矯正情報をご紹介するコラム。今回は正中離開=“すきっ歯”です。

そもそも“すきっ歯”って何? (豊中・千里中央の矯正歯科コラム)

歯列(歯の並び)と歯の大きさのバランスが崩れると歯並びが悪くなってしまいますが、歯列が小さい場合はガタガタの歯並び(叢生)に、歯が小さいと隙間だらけの歯並び(空隙歯列)になってしまいます。

正中離開=“すきっ歯”の症例1 (豊中・千里中央の矯正歯科コラム)

空隙歯列の中でも正中離開は上前歯の真ん中に隙間が開いた状態なので、かなり目立ってしまいます。生まれつき欠損しやすい歯の1つが上2番目ですが、この歯が小さい形態(矮小歯)になってしまうことも多々あります。上2番目が欠損したり、矮小歯になると前歯周辺にはスペースが余ってしまい、1番目が外側に広がることで正中離開になってしまいます。

 

正中離開の治療

矯正歯科治療のみで隙間を閉じれることもありますが、今回の症例では上1番目を移動して正中離開を閉鎖した上で左右2番目に均等にスペースを作り、ラミネートという方法で上2番目の形態修正を行いました。


治療終了後の正中離開

もう少し上下前歯の正中を一致させたかったのですが、就職までの治療完了が必要だったので残念ながら時間切れでした。矯正治療期間は4か月でした。


 

 


正中離開の原因は他にもあります。(豊中・千里中央の矯正歯科コラム)

上の前歯が下の前歯を抱え込んで、前歯の噛み合わせが深くなっている状態を過蓋咬合といいます。この様な噛み合わせでは、上前歯に抱え込まれた下前歯の並びがガタついてしまい、下前歯に突き上げられた上前歯は前突したり、隙間ができてしまいます。


過蓋咬合の症例

単純に上前歯を上方向へ、下前歯を下方向へ移動すれば前歯の深い噛み合わせを改善することは可能です。しかし前歯だけ移動させても、すぐに元の状態に戻ってしまいます。重要なのは上下奥歯の噛み合わせの改善です。上下奥歯がしっかり噛み合う様に、骨に対して奥歯を整直させるため、約2年の治療期間が必要になりました



 

加齢による“すきっ歯”にご注意(豊中・千里中央の矯正歯科コラム)

年齢とともに奥歯が噛み合わせの力に耐えきれなくなり、前歯の咬み込みは深くなりがちです。ちょっとした隙間でも放置すると気づいた時には大きなスペースができていることもあります。上前歯の間にフロスや糸ようじが通りやすくなってきたな、と感じたら要注意です。

れんしゃ矯正歯科からのメッセージ

れんしゃ矯正歯科では矯正歯科治療のみを行っていますので、1つめの症例の補綴処置(ラミネートなど)は提携歯科医院にお願いしています。

矯正歯科治療だけではなく様々な方法を組み合わせることで、短期間で綺麗に治療できることもありますので、正中離開だけでなく歯並びにお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

豊中・千里中央・箕面の矯正歯科「れんしゃ矯正歯科」

 

日本臨床矯正歯科医会”転医システム”

2016-06-09 15:27

今週水、木曜日と東京で開催された日本臨床矯正歯科医会例会に参加してきました。

矯正歯科治療を開始すると年単位の治療期間が必要になります。

お子さんの治療の場合はさらに長期間必要です。

でも治療中に急に転居が決まることもあります。

こうなると、転居先で新たな矯正歯科を探すだけでなく、

追加の料金や治療方法の変更など、患者さんにとって大きな負担だらけです。

日本臨床矯正歯科医会ではこの様な急な転居にも

安心して治療を継続できる”転医システム”があります。

このシステムがあったからこそ、僕はこの会に入会させてもらい、

何度かこのシステムのお世話になりました。

ただ転居先での矯正歯科医院を探す時に、これまでは住所リストしかなく、

土地勘の無い地域で住所から転医先を探すのはなかなか大変でした。

でも今回の例会で、HP上で会員医院を地図表示することになった、と聞き

早速見てみましたが、これはわかりやすいし便利!

転勤や転居を理由に矯正歯科治療をためらっている方もいらっしゃると思いますが、

日本臨床矯正歯科医会の会員医院であれば安心して治療を開始できると思いますので、ぜひご検討ください。