豊中市・千里中央で歯並びのことでお悩みなら、れんしゃ矯正歯科へ

  • お問い合わせ
  • TEL:06-6170-9771

〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-2-3
ザ・千里レジデンス203(2Fメディカルモール内)

ご予約はお電話で:06-6170-9771

れんしゃ矯正歯科ブログ

豊中の矯正歯科コラム 八重歯の矯正歯科治療はこうして行われます

2017-05-22 15:29

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。れんしゃ矯正歯科院長の蓮舎です。今回は、八重歯の矯正を当院でどのように行っているのか、症例を交えながらご説明したいと思います。

 

八重歯になってしまう理由

 

悪い歯並びの代表各である八重歯ですが、そもそもどうして起こるのでしょうか。

 

まず、八重歯とは、犬歯(前から左右3番目の歯)が前方に突出して生えている状態を言い、歯が並ぶためのスペースが不足することで起こります。でも、どうして犬歯が外側にはみ出してしまうのか。それには、生え替わりの順番が大きく影響しています。

 

上の歯の生えかわりの順番をご存知でしょうか?6歳臼歯(6番目の奥歯)が出たあと、1番目と2番目の前歯が生えかわることはよく知られていますね。そのあとは、前から3番目(犬歯)→4番目(第一小臼歯)→5(第二小臼歯)の順に生えかわると誤解されがちなのですが、一般的な順番は、6→1→2→4→5→3。つまり、犬歯は最後に生え替わるのですね。そのため、もし永久歯が大きすぎたり、歯の並びが小さすぎたりする場合、スペースが足りなくなって最後に生え替わる歯である犬歯が、外側にはみ出すのです。

 

※下の歯は6→1→2→3→4→5の順が一般的なので、5番目がはみ出してしまうことがあります。このお話はまた別の機会に。

 


正常な歯の生えかわりを動画で表しています。



八重歯は片側だけに起こることも

 

次の写真をご覧ください。ペースが極端に足りないと、上の写真のように左右両方の犬歯がはみ出します。一方、下の写真は片方だけはみ出しているケースです。



 写真からもお分かりいただけると思いますが、片方だけが八重歯になると、歯列が八重歯になってしまった側に偏ってしまい、上下前歯の正中(中心ライン)が合いません。

  

 

治療の進め方

 

スペースが足りない患者さまの矯正歯科治療では、歯を並べるためのスペースの確保が必要です。

しかし、抜歯矯正治療をすることが決まると、「さっそく抜歯の予約をとりました!」なんて言われることがありますが、ちょっと待って下さい。永久歯を抜歯してスペースを確保する場合には、どの歯を抜歯するかだけでなく、抜歯するタイミングも大事であるため、慎重に進めなくてはいけません。

 

今回紹介するケースは左上(写真だと右側になります)が八重歯なので、上前歯が左側に偏り、上下前歯の正中がずれています。歯並びを治すために、犬歯の1つ奥の歯(4番目)を抜歯することになりますが、左右同時ではなく、場合によっては抜歯のタイミングをずらすことがあり、この症例では先に右上の4番目のみを抜歯しました。そしてそのあと、上下の正中を合わせてから左上4番目も抜歯し、歯並びを左右対称に整えました。


矯正歯科治療が完了。上下の歯が山と谷で噛み合っていなかった奥歯もしっかり合わせることができていますね。

 

豊中の矯正歯科コラム 目立たない矯正で大人の出っ歯を治療

2017-03-23 14:37

大人の上顎前突(出っ歯)治療にもさまざまな方法がある

 

先月の豊中・千里中央矯正歯科ブログでは、成長期の上顎前突(出っ歯)治療について取り上げました。成長期ならマウスピースを装着するだけで、永久歯を抜歯することなく改善できることがあります。

 

成長期は骨格の成長を利用できるため、このような治療方法が成り立つのですが、大人になると当然成長は利用できなくなるので、大人の上顎前突治療は、成長期の上顎前突治療とはまた違ったアプローチが必要になります。

 

大人の上顎前突治療にも様々な方法があります。以前2016年8月のブログで、奥歯を後方動かし、出っ歯を改善する治療法をお話しましたが、この方法では、前歯を大きく後方へ移動することは難しく、今回紹介する症例には適しないため、別の方法で治療を進めていきます。

 

前突する口元を後退させた症例についてご説明

 

この症例では、上下左右の永久歯を4本抜歯しています。通常、前から4番目の永久歯(第一小臼歯、と言います)を上下左右抜歯するところ、患者さんと相談し、上は前から4番目を、下は前から5番目を抜歯することにしました。

 

理由は、レントゲン写真で、左下の前から5番目の歯は神経が取られていることがわかったからです。神経を取ってしまった歯でも、適切な治療を受けていれば問題なく使い続けられますが、どうせ抜いてしまうなら健康な4番目ではなく神経が無くなった5番目を抜きたいですよね。患者さんはもちろん、抜歯する歯科医師にとっても、その方が気持ちも楽です。


 

抜歯してできたスペースを利用して、全体的にがたつきをきれいに並べ、上下前歯を後退させます。


抜歯で生まれたスペースは隣り合う歯を移動させることで、最終的には完璧に閉じた状態になります。

 

目立たない矯正器具での治療

 

れんしゃ矯正歯科では前歯に金属製のブラケットを使っていませんが、ワイヤーは通常、金属製になります。この方の治療では、白いコーティングを施したワイヤー(ホワイトワイヤー)を使用しているので、ギラギラ感が少なくて目立ちません。

 

1年9か月で治療が完了

 

横顔のレントゲン写真がこちらです(上が術前、下が術後です)。出っ歯が改善し、口元がすっきりしたことがわかっていただけると思います。治療期間は19か月でした。

 

 

 

永久歯を抜歯するのかしないのか。抜歯する場合には、どの歯をどのタイミングで抜くのか…矯正歯科治療では抜歯について考えることが非常に重要で、常に頭を悩ませるところです。永久歯を抜くのが嫌で、矯正歯科治療に踏み出せないという方もいらっしゃるかと思いますが、抜くことで得られるメリットもたくさんあります。それに、もしかすると抜歯しなくても治せる場合もありますので、まずは矯正専門医院でのご相談をお勧めします。

豊中の矯正歯科コラム 成長期の出っ歯治療

2017-02-20 14:01

成長期の出っ歯(上顎前突)治療なら、マウスピース矯正が可能なことも

 

永久歯がすべて生え替わった後の出っ歯(上顎前突)の治療は、一般的にマルチブラケット装置を使って進めることになります。マルチブラケット装置とは、歯に固定したブラケットと呼ばれる装置にワイヤーを通して歯を動かす、最もベーシックな矯正装置です。固定式装置なので、患者さま自身で取り外しができない仕組みになっています。

 

マルチブラケット装置は、目立ってしまうことや、装着による痛みや違和感が気になることもあるなどの理由から、敬遠される方も結構いらっしゃいます。また前突している前歯を後退させたり、がたついた歯並びを改善するために永久歯の抜歯が必要になることもあります。

 

しかし、成長期であればマルチブラケット装置を使ったり、抜歯をしなくても出っ歯(上顎前突)を治せる場合があります。使っていただくのは取り外し可能なマウスピースタイプの装置です。

 

具体例を挙げながら、成長期の出っ歯(上顎前突)治療についてご説明

 

写真の方は、永久歯の並びがほぼ完成した状態。前歯を横から見ると上前歯が前方に突出している、つまり出っ歯だということが分かると思います。この患者さまもそうなのですが、出っ歯(上顎前突)は、歯だけでなく骨格に問題を抱えて起こることが多々あります。

 

上顎前突という名前から、上の顎が前方に大きくなっていることを想像されがちですが、実際には下あごが小さいために上顎前突になってしまう方が多く、この患者さまも下あごが後退しているタイプの上顎前突です。このタイプの場合、下あごの成長が見込めるなら、マウスピースタイプの装置を就寝時に装着してもらうだけで、出っ歯だけでなく、前歯のがたつきを改善できることがあり、治療がスムーズに進みます。

 

2つ目の写真は、装置装着開始から約3か月後です。この頃から、上下前歯のがたつきが減りつつ、上前歯が後退し始めています。

 

3つ目は、治療開始から2年後。出っ歯は改善し、機能的に問題のない噛み合わせになっています。治療を開始して半年後からは、毎日ではなく、一日おきに装置を着けてもらいました。

 


レントゲン写真を見ても、下あごが前方に成長して、上前歯の前方への傾斜が改善していることが分かります。(下前歯の角度に変化はありません)この変化にともなって、口元の前突も改善しました。

 

マウスピースの使用だけで矯正治療が完了

 

この患者さまは、マウスピースの使用だけで、機能的にも審美的にも問題ない状態にまで出っ歯を矯正することができました。よく見るとわずかにがたつきの残っている箇所はありますが、この状態からマルチブラケット装置を使用して、さらに完璧な状態を目指すこともできます。もちろん永久歯を抜く必要はありません。

 

成長期の出っ歯は、マウスピースを寝る時に使用してもらうだけで、ここまで改善できる場合があります。残念ながら、患者さんの装置装着の協力や、成長なども大きく影響するため、この治療方法をすべての方に採用できるわけでありませんが、治療期間や費用面を考えても負担が少なく、成長期に治療をすることのメリットの一つだと言えます。

 

お子さまが出っ歯で、治療をお考えということであれば、ぜひ早いタイミングで一度ご相談ください。

唾液検査

2017-02-02 14:30

お口の健康維持には歯磨きやフロスが重要なのは当然ですが、どれだけ一生懸命磨いていても虫歯ができてしまうことがあります。

考えられる要因として、口の中にいる細菌の数や種類、唾液の性状などが挙げられます。

お口の中の細菌数が多い方に固定式の矯正装置を使用すると、磨き残しが生じやすくなるだけでなく、知らず知らずの内に虫歯や歯周病のリスクがさらに高まってしまいます。

れんしゃ矯正歯科では矯正歯科治療を開始する前に、口腔内の状態や歯磨きのチェック、歯周基本検査を行った上で、歯磨き指導をしてきましたが、「むし歯リスク」「歯周病リスク」「口腔清潔度」に関する7項目を短時間で測定できる最新の唾液検査システムを採用し、お口の中の状態が客観的なデータで把握できるようになりました。

治療を開始されるすべての患者様を対象としており、唾液検査の結果、虫歯菌が多い方や、唾液の緩衝能(酸を中和する能力)が低い方、歯周病菌が多い方などに対して、それぞれの状態により適した口腔衛生指導を行っています。

唾液検査は2016年秋から開始していますので、それまでに治療を開始された方で検査を希望される方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

豊中の矯正歯科コラム 患者さまからのご質問②

2017-01-12 21:52

患者さまからのご質問                           

 

. 歯並びが悪く、口元全体が気になります。できるだけ早く矯正を再開したいのですが、妊娠中でも矯正治療はできるのでしょうか?(豊中市 女性)

 

妊娠後期の妊婦です。

 

これまでに、下の前歯は部分矯正したのですが、まだ歯並びが悪いところがあります。

特に横から見た感じが嫌で、口元全体が気になってしまいます。前々からずっとコンプレックスです。

 

できるだけ早く残りの箇所の矯正を再開したいと思っています。妊娠中でも矯正治療はできるのでしょうか?子どもが生まれる前の今は、時間にも余裕があるので、治療するには都合も良いです。

 

 

れんしゃ矯正歯科より                          

 

.矯正歯科治療は妊娠中でも行うことができます。ただし、検査のためのレントゲン撮影や、治療で必要になる可能性がある抜歯は、妊娠中は避けるべきです。それを考えると、出産後に始められる方が良いかと思います。

 

お問い合わせいただき、ありがとうございます。れんしゃ矯正歯科院長の蓮舎です。

早速ですが、お問い合わせの件についてご回答させていただきます。

 

口元が気になっていらっしゃるとのことですが、矯正治療自体は、妊娠中でもすることができます。

 

ただし、矯正治療の前には必ず検査が必要で、検査項目にはレントゲン撮影が含まれます。また患者さまのお口の状態を診ていないので正確ではありませんが、矯正治療には永久歯の抜歯が必要になる可能性があります。

 

妊娠中は、体が大きく変化するデリケートな時期なので、レントゲン撮影や抜歯処置は避けるべきだと考えられます。

 

矯正治療を既に始められていて、それらを妊娠前に行っているのであれば、矯正を妊娠中も継続することは問題ありません。ただ、これから矯正治療を始めるということになると、レントゲン撮影や、場合によっては抜歯が必要になります。ですから、矯正治療の開始は、出産後、落ち着いてからにされるのが良いかと思われます。

 

ご来院、いつでもお待ちしております。赤ちゃんがお生れになりましたら、ぜひじっくり矯正治療に取り組みましょう。

謹賀新年

2017-01-10 10:09

皆様、新年あけましておめでとうございます。

ありがたいことに昨年はご来院いただく患者様も増えましたが、予約が取りにくくなったとの苦情も頂きました。

そこで新年から新スタッフを迎え、従業員一同さらに頑張って参りますので、今年も一年よろしくお願い致します。

さて今年もいくつか目標を立てていますが、患者様への情報提供を増やしていくこともその内の1つです。

2015年に一新したホームページですが、今年はさらに刷新する予定なので、お楽しみに。



豊中の矯正歯科コラム 患者さまからのご質問①

2016-12-16 14:44


患者さまからのご質問                           

 Q. 親からの遺伝で、娘が受け口になっています。乳歯の生え変わりはこれからですが、治療はどのタイミングで始めるのが良いでしょうか?(豊中市 5歳女児の母)

 

娘は受け口で、歯並びはガタガタしています。受け口※を治すために治療をしてもらいたいのですが、始めるタイミングは、今すぐがいいのか、もう少し大きくなってからの方がいいのか、どちらでしょうか。

いま娘は5歳で、乳歯はまだ1本も生え変わっていません。

私が受け口なので、遺伝なのだろうと思っています。

 

※受け口は、歯のかみ合わせが一般とは逆で、下の歯が上の歯よりも前に出ている状態のことです。

 

れんしゃ矯正歯科より                          

 

A.子どもの矯正は通常、上下の前歯4本が生え変わった後に開始を判断します。ただし、受け口などで骨格に問題がある場合は、より早期に治療を開始するのが望ましいでしょう。

 

お問い合わせいただき、ありがとうございます。れんしゃ矯正歯科院長の蓮舎です。

 

早速ですが、お問い合わせの件についてご回答させていただきます。

 

子どものガタガタの歯並びや、出っ歯の矯正歯科治療は、上下の前歯4本が永久歯に生え変わる7〜8歳以降、12歳頃までに始めることをお勧めしています。

 

ただし、受け口や顔の輪郭の歪みが気になる場合には、早期に治療を開始するとより効果的なことが多いため、前歯4本の生え変わりを待たずに治療を始めることがあります。

 

受け口の原因は大きく2つに分けられます。上あごの成長不足や下あごの過度な成長などの骨格の問題、または、上の歯が後ろに倒れたり、下の歯が前に出たりといった歯列の問題です。

 

特に、ご両親や祖父母からの遺伝の影響が強いようであれば、骨格的な問題が大きいと思われるため、改善のための治療は早い段階から開始した方が望ましいと考えます。

 

れんしゃ矯正歯科では、小さいお子さまの乳歯の時期での治療などは、体への負担が極力少なくすむように、できる限りの配慮をしています。

 

現在のお子さまの状態を確認させていただければ、治療が必要かどうかということから、開始のタイミング、治療方法まで、ある程度の判断ができると思いますので、一度ご来院をご検討ください。

豊中の矯正歯科コラム こどもの矯正歯科治療

2016-11-26 08:44

豊中・千里中央の方々に、歯の矯正についてお話するコラム。今回はお子さんの矯正歯科治療について。なぜ子どものうちに矯正歯科治療を受けると良いのでしょうか?

 

骨の成長を利用できることが最大のメリット                     

矯正歯科治療は子どものうちに受ける方が良いとよく言われますが、その理由は、子どものうちに治療すると、成長を利用することができるからです。

歯や顎の骨の成長は思春期で落ち着いてくる

骨格の成長は1618歳くらいで落ち着いてきます。この時期までに顎が順調に成長し、歯が正しく生え変われば良い噛み合わせが得られますが、なんらかの問題が起こって嚙み合わせが悪くなり、成長が落ち着いてしまうと、本格的な矯正歯科治療が必要になります。ケースによりますが、この際、歯を抜くなど骨格的な問題をクリアしなくてはならないこともあります。

子どもの骨の成長期をうまく利用した矯正

それに対して、子どもは骨が成長途中のために、矯正歯科治療で顎の成長を抑制、あるいは促すといった調整を行うことができます。

子どもの矯正は装置も簡単なものが多い

また固定式の装置ではなく、取り外しできる装置を使うことも多く、お子さんの負担を軽減することも可能です。

子どもならではのリスクも回避できる

出っ歯の子どもは、歯が折れて抜けてしまうことが多いという調査報告があります。そのリスクを回避できることも、もうひとつのメリットです。

6〜8歳頃から矯正歯科治療を考える                  

上下4本の前歯が乳歯から永久歯に生え変わる頃に、噛み合わせの問題点が浮かび上がってきますので、それぞれの問題点を把握して、正しい成長軌道に近づけるための治療を始めることができます。

治療は永久歯がすべて生え揃う前、小学生の間に「第一期治療」を行い、その後永久歯が生え揃う中学生以降に「第二期治療」を行う流れをとることが一般的です。場合によっては一期治療だけで治療を完了できることもありますし、二期治療をする場合でも、永久歯を抜かずに治療できることもあります。

 

子どものやる気を支えることも大切                          

ただし、子どもの矯正は大人の矯正に比べて時間が掛かることもあります。

治療中はお口のケアに気を付けて

矯正装置を装着すると、歯のお手入れは普段以上に丁寧にしないと虫歯になりやすくなります。また、ヘッドギアなど、患者様の協力が必要な矯正器具を使う場合には、もし協力が得られないと、治療の効果が下がり、治療期間がさらに長くなることも考えられます。ですから子どもの矯正では、家族がサポートし、子どものやる気を支えることが大切になってくるのです。子どもの矯正治療について

 

子どもの矯正のメリットとデメリット                        

子どもの矯正について、まとめると

メリット

  • 顎の成長をコントロールできるので、骨格的な問題を早期に解決できる
  • その結果、治療をスムーズに行え、理想的な歯並びを実現しやすい
  • 取り外し式装置を使用することが多いので、本格的な矯正治療と比較して負担が少ない

デメリット

・成長に合わせて治療を行うため、治療期間が長く掛かることがある

ということになります。治療期間のことを考えても、それを上回るメリットがあると思います。お子様の歯並びが悪いようでしたら、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

日本矯正歯科学会 徳島

2016-11-11 14:52

徳島で開催された日本矯正歯科学会に参加してきました。

それほど大きくない街に日本中の矯正歯科医が集まってくるので市内のホテルは軒並み満室で、会場前には大量のタクシーが並んでいました。

駐車場も超満員で、車のナンバーは名古屋から広島あたりまで。

それなりに大きい学会なので、徳島への経済効果はかなり大きいでしょうね。

でも関東の先生からはかなりブーイングが聞こえてきました。

たしかにちょっと行きにくいですよね。

僕たちは徳島市内での宿泊は諦めて、鳴門へ。

夜遅くまで症例検討や医院運営の相談で盛り上がりました。

イレギュラーな形で、水曜日を休診にさせてもらったので、お電話頂いた方にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

今日から通常通り診療していますので、ご安心下さい。

 

ハロウィン

2016-10-23 10:56

ゴーストがお出迎えします。

次の記事 >>