豊中市・千里中央で歯並びのことでお悩みなら、れんしゃ矯正歯科へ

  • お問い合わせ
  • TEL:06-6170-9771

〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-2-3
ザ・千里レジデンス203(2Fメディカルモール内)

ご予約はお電話で:06-6170-9771

れんしゃ矯正歯科ブログ

豊中 れんしゃ矯正歯科スタッフブログ「私も歯科治療始めました!」

2019-11-27 07:31

こんにちは!

 

12月も間近になってくると朝晩冷えてきますね(_;)

インフルエンザ流行も今年は早いと聞いたので私も先日行ってまいりました‼

皆さまはもう予防注射はされましたか?

 

注射こそないものの、小さいお子様も多く通う当院では、お子様とご家族様が協力し合って治療に取り組んで頂いています。

歯が動くことによる違和感や痛みがあるかもしれないところ、頑張って通院している姿を見ていると偉いなぁ~と感じる日々です。

 

私事ですが、最近歯の審美目的と根の治療もかねて自費治療を始めました!

自費となるとなかなか勇気が出ずに怖気づいていましたが、歯形を取ったり根の治療をしたりと冷や汗かきながら頑張っています!

 

せっかく綺麗な歯を入れるので、その歯に合わせてホワイトニングも今後行う予定なのですが、出来るだけ今後白さを保ちたい!と衛生士の青山さんに相談したところ…

歯面を白く滑らかにしてくれるリナメルという歯磨き粉をお勧めしてもらいました!

受付にもディスプレイしてあるのですがご存知でしたか?

1本1000円と普通の歯磨き粉よりは高価なものになりますが、歯と同じ構成成分が入っているので歯面の見えない細かな傷を修復し埋めてくれることでツルツル滑らかにしてくれるそうです!

私は発泡剤が苦手なので“あわあわ”しないジェルタイプの歯磨き粉で汚れを落とすようにしっかり磨いて、2回目にリナメルで歯面をトリートメントする感じでクルクルと磨いています。辛さもなくすっきりとした使い心地で磨き終わりはツルツルなので気持ちいいですよ。

 

あっという間に2019年も終わりそうですが、健康で笑って年越しできるように体調管理に気を付けて過ごしたいと思います。

 

最後に、来年はねずみ年ですが我が家の可愛いコザクラインコを貼っておきます!笑

ではまたお会いしましょう~(^^

豊中 れんしゃ矯正歯科スタッフブログ「食事で秋を満喫!!」

2019-11-15 21:30

こんにちは、朝晩は冷え込む日も増えてきましたが、まだまだ日中はぽかぽか陽気な日が続いていますね。

 

11月という季節感は実感しにくいですが、ショッピングモールなどでは、もうクリスマスの準備が進んでいるようで、クリスマスツリーが飾られていたり、クリスマス関連のグッズが店頭に並んでいるのを見るともう冬なんだなぁと実感します。

 

我が家では11月からクリスマスなどの季節のイベントに加え、記念日や家族の誕生日などの特別な日が毎月のようにやってきます。

そんな特別な日に必ず行く場所があります。

 

住宅街にある日本料理のお店なので、月毎にメニューが変わるコース料理なのですが、旬の味覚の和食をゆっくりと楽しむことができるお店です。

店主さんや料理人の方とも会話を楽しめるカウンターの席と、ゆっくり過ごせる個室があり、お料理に合うお酒もたくさんあります。

通い続けてまだ4年くらいですが、毎回おなかいっぱい、大満足でき、また行きたいなと思えるお店です。

 

先日も記念日に行ってきました。

でも、その前にむし歯が見つかってしまい、大変な思いをしてしまいました・・・

それまで、むし歯にならないように日々のセルフケア、頑張ります。

 

豊中 れんしゃ矯正歯科スタッフブログ「セミナーに行ってきました」

2019-10-30 20:51

こんにちは、歯科衛生士の境です。

だんだんと肌寒い季節になってきました。

寒いのはなかなか辛いですが、一つ楽しみなことがあります。

牡蠣が美味しい季節です。

好きな食べ物ベスト3にランクインするくらい私は牡蠣が大好物です。

この前のお休みに、和歌山におでかけし牡蠣を食べてきました。

海が近いので、身も大きく味も濃厚でとても美味しかったです。

これから寒い間は色んな牡蠣のお料理を楽しみたいと思います。

 

さて、ここからが本題なのですが、

先日「薬用ハイドロキシアパタイト活用セミナー」に参加させていただきました。

私自身こういったセミナーに参加させていただくのは初めてだったので、とても楽しみにしていました。

実際参加してみると、すごく学びのあるセミナーでとてもいい刺激になりました。

ハイドロキシアパタイトとは、人体の構成成分の一つで歯の主成分です。

薬用ハイドロキシアパタイトについては前々回のブログにまとめてありますので、そちらも読んでみてください。

これを含んだ歯磨剤、研摩材を当院でも取り扱っており、セミナーの主な内容は、その効果的な使い方だったのですが、みなさま自身が行うご自宅でのより効果的な歯磨き方法についての内容もあったので、一つご紹介させていただきたいと思います。

 

普段歯磨きをする時、歯磨き粉はどのぐらいの量を使っていますか?

歯ブラシに半分ぐらいですか?先にちょこっとつけるぐらいですか?

一番効果的な量は歯ブラシの毛の部分、端から端までです。

結構たっぷりですよね。

 

次に磨き方です。

はじめにいつも通りに磨きます。

十分に磨き終わったら泡や唾だけ吐き出します。

それからもう一度歯ブラシに同量の歯磨き粉をつけて先ほどと同じように磨きます。

最後のうがいですが、少量のお水でゆすいで下さい。

しっかりゆすぐよりは、軽く味が残る程度がオススメです。

これがオススメの歯磨き方法の「2回磨き」です。

 

1度目のブラッシングで汚れをしっかりと落とし、

2度目のブラッシングで歯磨き粉の成分をしっかり歯に染み込ませて栄養をあたえます。

髪を洗うのと同じように、1度目でシャンプーをして、2度目でトリートメントをするというイメージです。

 

この方法を私も実際にやってみましたが、磨き終わった後のツルツル感が違いました。

またしばらく歯磨きできない時に感じる口の粘つきも減少したような気がしました。

毎日、毎回はなかなか難しいかもしれませんが、私は夜の歯磨きの時はソファーなどに座ってゆっくり磨いていることが多いので、そのタイミングで取り入れてみました。

いつもの歯磨きをほんの少し変えるだけで、簡単にできるのでぜひ試してみて下さい。

歯のツルツル感が長く続きますよ。

 

豊中 れんしゃ矯正歯科スタッフブログ 「健康な歯で食欲の秋を楽しみましょう」

2019-10-15 13:18

こんにちは!

受付の大塚です。

 

段々と涼しくなり、秋も深まってまいりました。

 

秋といえば何を思い浮かべますか?

 

芸術、スポーツ、たくさんあると思いますが、私はやはり食欲の秋です!

 

先日、秋の味覚を求めて栗拾いに行って来ました。少しでも大きく美味しそうな栗を見つけようと大人気なく必死になってしまいましたが、その甲斐もあり、栗ご飯や蒸し栗など、思う存分楽しむ事ができました。


まだまだあるたくさんの秋の味覚たち。

美味しく楽しむ為には健康な歯でなくてはなりません。

 

歯科医院での定期検診やメンテナンスはもちろんの事、健康な状態を維持するには日々のセルフケアも大切です。

 

ですが、忙しい現代人です。毎食後の歯磨きに時間がとれないなんてこともあるかと思います。

そんな時は、せめて就寝前だけでも時間をかけて磨いてください。

就寝中は唾液の分泌量が減少し、磨き残しの歯垢があると細菌が増殖しやすく、虫歯や歯周病のリスクが高まるからです。

 

私も朝昼はさっと磨きになりがちなのですが、夜はフロスや歯間ブラシなどの清掃補助用具も使用し、その後しっかりとブラッシングをしています。

歯磨剤は色々な機能を持った成分が配合されているものを使い分けたりして楽しんでいます。

 

定期検診やメンテナンス、日々のセルフケアを忘れずに、食欲の秋を楽しみましょう。

豊中 れんしゃ矯正歯科スタッフブログ 「子供の歯磨き」

2019-09-29 16:55

こんにちは!
受付の藤井です。


私には2歳の子供がいるのですが毎日の歯磨きがとても大変で悩んでいました。

2歳にもなると、だんだん味の濃いものや甘いものを食べることも増えて、虫歯が心配になってきます。


朝にいたっては時間がない中で鬼の形相で無理矢理磨いていました…笑


そこでどうにかスムーズに磨かせてくれないか色々自分なりに試してみました。


例えば、鏡を見せながら磨いてみたり、フルーツ味などの甘い歯磨き粉を使ってみたり、歌を歌ってみたり、、、などなど。


試してみたことはとても基本的なことだと思うのですが、1番効果があったのが鏡を見せながら「ここが汚れてるね〜」とお話しをしながら磨くことでした。


「さっき食べた野菜が付いてるね」「美味しかったね」と、まだ2歳だからと思っていましたが、コミュニケーションを取ることはとても大切なんだと思いました。

一方的に無理矢理磨かれては、それは歯磨きも嫌いになるなぁと。


なるべく時間を作りしっかりコミュニケーションを取りながら歯磨きの時間を楽しいものにしていけたらと思います。

豊中 れんしゃ矯正歯科スタッフブログ 「薬用ハイドロキシアパタイト」

2019-09-18 07:15

こんにちは。衛生士の青山です。

 

10月に薬用ハイドロキシアパタイト活用セミナーに参加させて頂くことになりました。

セミナーを受けるのは久しぶりなので気合いが入っています!

 

薬用ハイドロキシアパタイトとは?

歯の主成分であるハイドロキシアパタイトとほぼ同じ成分ですが一般的なハイドロキシアパタイトとは効果・効能が区別されておりハイドロキシアパタイトの中で唯一虫歯予防効果が認められている薬用成分です。

 

当院で薬用ハイドロキシアパタイトが含まれている商品を取り扱っており、私自身も使用しています。

普段の活用方法とは別に、より効果的な活用法や矯正歯科治療中の患者様への活用法等知りたいことがたくさんあります。

知識を深め、患者様にしっかりフィードバック出来るよう勉強して参ります。

 

クリスマス

2018-12-04 19:42

ハロウィンも終わりあっという間にクリスマスシーズンがやってきました🎄

今年も待合スペースをクリスマス仕様に飾り付けしてみました。

可愛いトナカイが患者様をお迎え致します♪



クリスマス気分を少しでも楽しんで頂けたら嬉しいです。



12月中旬頃には、ささやかですがクリスマスプレゼントをご用意してます♪

お楽しみに!

 

今年は12月に入ってもあまり寒くない日が続きますが、風邪にはお気をつけください。

 

ハロウィン

2018-10-12 13:02

こんにちは。

とっても久しぶりのれんしゃ矯正歯科ブログとなってしまいました。

ようやく季節も変わり始め過ごしやすくなってきましたね。そして今月末はハロウィンです!

この季節になると、街中がかぼちゃやオバケの飾りで賑やかになり見ているだけで楽しくなります。

れんしゃ矯正歯科でも、待合スペースをハロウィン仕様にデコレーションしてみました🎃

去年は大きなゴーストが患者様をお出迎えしていましたが、今年はシールやバルーンで飾り付けしました。ハロウィン気分を少しでも感じて楽しんで頂けると嬉しいです♪


☝このかぼちゃ、待合スペースの色んな所に潜んでいるのでよかったら探してみてください♪

何個?何匹いるでしょうか??

 

またこちらのブログでれんしゃ矯正歯科の様子をお伝え出来ればと思います♪

 

豊中 れんしゃ矯正歯科スタッフブログ 「食事とお口の健康」

2017-07-15 07:44

 

本格的に暑くなってきましたが、今年の夏はスーパー猛暑と呼ばれるぐらいいつも以上に暑い夏になるみたいですが、、、

熱中症対策などは万全ですか?

ちなみにスーパー猛暑とは気温が37℃以上を超えることを言うようで、今年はスーパー猛暑日になる日が多くなるみたいです。

人の体温よりも暑い日が続くと考えただけでゾッとしますね。

そんな暑さだと食欲も落ちてしまいがちだと思いますが、しっかり食べて水分補給も充分して、今年のスーパー猛暑に立ち向かいましょう!!

 

ただ暑い日はどうしても水分ばかり多く摂ってしまいがちで、お腹が膨れてしまうこともよくありますよね。

夏バテにはエネルギー代謝に関わるビタミンB群を多く含む豚肉やナッツ類が効果的だそうですが、この季節ならウナギも定番ですね。

ウナギにはビタミン類だけでなくEPADHAも多く含んでいるため、コレステロールを抑えて血流を良くしてくれるという働きもあり、様々な健康効果が期待できます。

土用の丑の日にはウナギを食べる習慣があるので、今年はウナギを食べて暑い夏を乗り切りたいと思います。

 

 

 

夏バテ予防に効果のある食品も沢山ありますが、お口の健康にも良い食品があるのをご存知ですか?

簡単にですが、その食品をいくつかあげていきます。

 

☆柑橘類→みかんやオレンジなど

ビタミンCを多く含みます。ビタミンCが不足してしまうと歯茎の出血が起こることがあります。歯茎を健康な状態に保つのに欠かせないので柑橘類は適度に摂取したい食品です。

 

☆乳製品→牛乳やチーズなど

カルシウムを多く含み、歯を強くしてくれる効果があります。

 

☆魚類、きのこ類

ビタミンDを多く含み、乳製品と一緒に食べることでカルシウムを消化しやすくしてくれる働きがあります。

 

☆ニンジン、セロリ、カリフラワー、サラダなど

繊維質が多く含まれる野菜には、唾液の分泌を促してくれる働きがあります。この働きが虫歯から歯を守ってくれるミネラルを生成します。また、サラダは噛むときに歯の表面をキレイにしてくれる効果もあります。

 

このように歯に良い食品は身近なものが多いので、ぜひ普段の食生活に取り入れて見て下さい。また歯に良い食べ物は、体全体の健康維持にも繋がる食品ばかりです。

 

ただ食事に気を使う事もとても大切ですが、食後の歯磨きはきちんとして、お口の中も体も健康的に、この暑い夏を乗り越えましょう!!

 

豊中 れんしゃ矯正歯科スタッフブログ 「学校検診の項目のひとつになっている歯並びは、生活の質にも影響」

2017-07-14 21:15

新学期が始まると、学校で身体測定や視力検査などの健康診断が行われますね。

 

学校の健康診断の目的は、学校生活やこれからの発育に悪い影響を与える疾病がないか。また、周りの人に影響を与えるような感染症にかかっていないか。この2点を調べることにあります。

 

つまり、確定診断が目的ではなく、疾病が無いかふるいにかけ、健康状態を把握する役割を担っていると言えます。

 

学校検診の統計から、成長についての意外な結果が

 

今回、学校検診について調べていて初めて知りましたが、毎年、学校保健の統計結果が文部科学省のホームページで公表されています。

 

■身長と体重の変化

“身長・体重とも祖父母、親、子の世代順に増加。祖父母から親の世代の伸び率に比べて、親世代から子世代の伸び率は小幅。”

 

■身長

“男子, 女子ともに昭和23 年度以降伸び続けていたが、平成6年度~13年度頃にピークを迎え、その後は横ばい状態。”

 

などと細かく分析されていて、とても興味深いものです。

 

学校検診「歯」に関しての結果

 

では、歯についてはどうでしょうか?

 

■歯と口腔

“平成28 年度の「むし歯」の者の割合(処置完了者を含む)は、幼稚園約36% 、小学校49% 、中学校37% 、高等学校49% 。全学校段階で前年度より減少しており、中学校と高等学校は過去最低の数値。”

 

とあり、良い結果だったことが分かります。

 

健康のためにも大切な「歯並び」は学校検診でもチェックする

 

■歯科検診の目的、役割

“疾病発見のためのふるいわけではなく、“健康増進のためのふるいわけが目的。

歯列咬合や顎関節については、食べ物を取り込み食べる機能や、表情をつくり話す機能、体のバランスをとる機能に直接関わっており、生活の質に関係するため、その重要性を共有する。”

 

わたしが小学生の時は、学校歯科検診で「歯列・咬合」の項目はありませんでした。平成7年から開始されたそうです。

 

28年度の結果で歯列・咬合の項目でチェックが入った割合は、小学生で4.76%、中学生で5.37%、高校生で4.39%とされています。           

 

どうして歯並びが重要なのか?

 

歯並びというと、見た目だけの問題と捉えがちです。しかし歯科検診の目的・役割にも挙げられているように、『食べ物を取り込み、食べる機能』、『表情をつくり、話す機能』、『運動を支え、体のバランスをとる機能』に直接関わり、生活の質に大きく影響するものです。

 

れんしゃ矯正歯科では、矯正の相談を無料で行っています。口腔内のお写真を撮影し、歯並びで気になっているところや、矯正治療で不安に思うところなどをお聞きしながら、現在の状態や矯正治療、料金について詳しくお話しいたします。歯並びにお悩みの方、ぜひこの機会に矯正専門医での相談を受けてみませんか?


次の記事 >>