豊中市・千里中央で歯並びのことでお悩みなら、れんしゃ矯正歯科へ

  • お問い合わせ
  • TEL:06-6170-9771

〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-2-3
ザ・千里レジデンス203(2Fメディカルモール内)

ご予約はお電話で:06-6170-9771

れんしゃ矯正歯科ブログ

豊中れんしゃ矯正歯科スタッフブログ 「虫歯予防のための正しいキシリトール活用法」

2017-06-02 14:40

今や、あちこちで目にする「キシリトール」。一体どのような性質を持っているかご存知でしょうか?歯に良いとは言われますが、それ以上に詳しく知っている方は案外少ないのではないかと思います。そこで、今回の「豊中れんしゃ矯正歯科スタッフブログ」では、キシリトールの機能や正しい活用法についてお話しします。

 

キシリトールとは?

 

キシリトールは天然の甘味料です。レタスやカリフラワー、イチゴなどさまざまな食物に含まれるほか、体内でも生成されます。

 

キシリトールの最大の特徴は、砂糖に比べてカロリーが25%低いのにも関わらず、糖度が同じであること。そして、溶ける際に熱を吸収するため、スーッとした清涼感をもたらします。

 

キシリトールは何が良いの?

 

キシリトールに虫歯予防効果があることは、よく知られています。でも、甘いのに不思議ですよね。どうしてキシリトールには虫歯予防効果があるのでしょうか?理由は大きく分けて2つあります。

 

①虫歯の発生と進行を抑制する

 

キシリトールには、虫歯の原因菌の活動を弱める効果があるといわれます。これは甘味料の中では唯一です。また、歯垢を付きづらく、かつ剥がれやすくする効果もあります。

更に、歯の再石灰化を促進し、丈夫な歯に導いてくれます。

 

②唾液が虫歯を防ぐ

 

唾液の分泌をよくするのも、キシリトール(ガム)の優れた点です。噛むことで唾液が十分に分泌されるため、歯を溶解する口内の酸が中和されます。

 

キシリトールを摂れば虫歯にならないというわけではない

 

このように、虫歯予防の心強い味方であるキシリトール。ただし、キシリトールを摂れば虫歯にならないという訳ではないのでご注意を。

 

あくまで、日々の歯磨き、フッ素の使用、正しい食生活が虫歯予防の基本です。それらを行ったうえで、キシリトールを取り入れ、さらに虫歯予防の効果を高めることが、キシリトールの有効な活用方法なのです。

 

そんなキシリトールを日常的に活用するには、キシリトール100%のガムが手軽でオススメです!100%のものは市販されていないので、歯科医院でご購入ください。当院でも取り扱っておりますので、スタッフまでお気軽にお尋ねくださいね。

 

れんしゃ矯正歯科改修工事の模様

 

ところで豊中にある、れんしゃ矯正歯科では、GW中に大工事を行いました。工事前はチェアー(患者さまを診る椅子)3台で診療しておりましたが、この度1台増え、4台になりました。


張り巡らされたブルーシートの海‥‥これから大工事が始まります。


床も総張り替え。さよならこれまでの床!


床復活!チェアーも4台に!



こちらがNEWチェアー。やはり美しい!

これまでに比べますと診療を行うスペースがやや手狭になり、患者様にもご迷惑をお掛けすることがあるかもしれませんが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

<< 前の記事次の記事 >>